豆もやしのメソッド

アイマスとアイカツ、時々クルマとバイクのよくわからないブログ

Quantum-J 社外品のミラーシールドに交換した

◆7年目のQuantum-J

バイクに乗り始めてから7年、アライ Quantum-Jをずっとメインとして使用していますがやはり色々な部分にキズやら欠けが出てきています。その最たる例がシールドで、激しい転倒こそしていないものの、休憩時のシートからの落下やハイスピード虫アタックによってクリアシールド全体に渡ってキズだらけの状態なのです(電)。とはいえヘルメットを買い換えるほど我が国の財政状況は芳しくありませんので、例によって「だましだまし使い続ける」方向へ決定となり、差し当たってシールドだけは憧れのミラーに、そして純正よりも何割もお安い社外品に交換した訳であります。

f:id:kabukiagep:20190318001819j:plain

という訳でスーパーアドシスI対応 社外品イリジウムミラーシールドを装着の図です。帽体のマットブラックとイリジウムミラーが相まって、なんとも格好良さ満点ではないですか?ただでさえR1に跨る俺カッケー状態だったのにミラーシールド装着によって更にイケメンになってしまいました。困りました。もうヘルメットを脱ぎたくないですね。

f:id:kabukiagep:20190318003016j:plain

シールド越しのビフォーアフターを撮ってみました。上が肉眼の風景、対して下がシールドを通した景色です。見て分かる通り、シールド越しだと赤っぽく夕景のように映り、太陽の眩しさはかなり低減されるので日中は非常に役に立っています。

とはいえ、Amazon等で指摘されている通り安価なりに微妙な点もあるのでQ&A方式で併せて列挙しておきましょう。

 

◆社外品ミラーシールドQ&A

 

Q.外から顔は見えますか?

 A.大抵の場合 外からは顔は見えないと思ってOKです。ただ、陰となる場所を走ると、角度によってはうっすら顔が見えるかもしれません。

 

Q.エアインテークの動きが渋すぎると噂ですが?

 A.事実です。各所で言われている通りシールド上部のエアインテークの動きが硬すぎます。ラフに開閉操作を行うとエアインテークごとボロリと外れそうですし「外れた」という意見も多数あるようですね。実際に純正のシールドと比較してみるとかなり簡素な造りとなっていることが分かるので、エアインテークの開閉操作は極力行わないようにすることがベストかと思います。自分もOPEN状態のままで触らないことにしています。

 

Q.ヘルメットへの装着が硬いそうですが?

 A.相当に硬いです。純正に比べて何だか上手く嵌りません。コレこんなに力入れていいのかなレベルでグイッと力を加えるとやっとこさ入るイメージです。

 

Q.シールドの上下動が渋いと聞きましたが?

 A.そこは言われている程でも無いと思います。とはいえ自分も摺動部にはグリスを多めに塗った上で取り付けたため、何も対策ナシで付けるとどうなるか分からないです。グリス塗布はしておいて損は無いのではないでしょうか。

 

Q.シールドを閉じるロックも硬いそうですけど。

 A.硬いです。ただ、自分のヘルメットで言うと、今まで散々落下させてきたツケか、もともとロックが硬かったのでそれと比べると同じくらいで慣れているので…個人的にはあまり大きなデメリットとは思っていません。グッ!と親指で押してパチンとロックが掛かるような感じです。逆に格安のシールドできちんとロックが掛かること自体ラッキーだと思います。ちなみにシールドを閉じた際の静粛性については純正と大差無いです。

 

Q.夜間も使えますか?

 A.まず止めておいた方が吉です。日中のトンネルですら割と厳しく、夜間の繁華街でギリギリ、それも相当の注意力を要する状態、くらいの印象ですね。

 

 

◆という訳で

3千いくらのお値段にしてはカッコいいしまぁまぁ使えるかなといった具合で個人的には及第点です。ただ、やはり夜間は非常に見辛いという点もあり、夜も走らざるを得ないようなロングツーリング等ではとなしくクリアシールド+サングラス体制をとった方が無難かと思います。また、ミラーシールド自体が雨や汚れに弱いという事もあり耐久性の面で懸念が残ります。格安品にそれを求めるのも酷ですが3年くらいは保ってほしい所です。

f:id:kabukiagep:20190318005811j:plain

自撮りが致命的に下手。

YZF-R1 ヘッドライトバルブ&ポジションランプを交換した

f:id:kabukiagep:20180830235937j:plain

いきなりですが自分のR1のライトの黄色さがあまり好きじゃないんです。どうにもオールドタイプ感が強くて…。交換にはそこまでお金もかからないので、さくっとヘッドライトとポジションを白系のライトに換えたいと思います。

 

◆ヘッドライトバルブの交換

f:id:kabukiagep:20190317222356j:plain
f:id:kabukiagep:20190317222401j:plain
f:id:kabukiagep:20190317222405j:plain

刺さっているカプラーを外してゴムの蛇腹カバーをおもむろに引っこ抜き、バルブを固定している針金を外せばバルブにアクセスできます。この針金が複雑な形状で設置に決まった向きがありますので写真を撮っておくと後々困らずに済みます。また、針金にはテンションがかかっていて、針金自体を留めるネジを緩める時にぴょーんと飛び出していくので注意が必要です。あとはH4の新しいバルブと交換すれば終わり。あ、今回交換したバルブは、PIAA製のハロゲンバルブ 5000K 12V60/55W です。思いっきり車用ですね、でもまぁ、コッチのほうが安いですし、バイク用とは大差無いでしょう。多分…。 

◆ポジションランプの交換

f:id:kabukiagep:20190317230231j:plain

ポジション球の直下を下から覗くと意味ありげなグロメットがあります。それをマイナスドライバー等で強引に外してカプラーを引っ張るとポジション球が出てきます。

f:id:kabukiagep:20190317230235j:plain

こんな感じです。ちゃっちゃと外してT10のバルブを付け替えてしまって終了。

今回、省電力も狙ってポジション球はLED化としますが、資金に余裕も無い事なのでAmazonでよくある安くて怪しいLED灯を使ってみます。いちおう広拡散型をうたった商品にしました。

 

 

◆交換終了、点灯

f:id:kabukiagep:20190317231321j:plain
f:id:kabukiagep:20190317231707j:plain

右眼だけ交換してさっそく光らせてみました。

おっ!なかなか良い感じに白くなってます。5000Kで揃えた通り、色味に差も無さそう。関係無いですがこのポジション灯は車幅灯として機能しているのか疑問すぎますね。

 

f:id:kabukiagep:20190317232202j:plain

f:id:kabukiagep:20190317232204j:plain

最終的にはこんな感じで、いかにも純正然とした当初の黄色いライトよりだいぶスマートで現代風なイメージとなり、ただでさえ格好良い自分のR1がさらにイケメンになってしまいました。また、後日テスト走行してみると、ライトが黄色から白くなっても夜間走行の視認性には全く支障はありませんでした。

今回掛かった費用ですが、ハロゲンバルブ¥2,100 と LED¥1,480 の合計で¥3,500未満でここまで印象を変えられるなるとコストパフォーマンス的には大変よいカスタム内容となったと思います。自分は貧しいのでこういった一件あたり¥3,000~¥4,000くらいのちょいちょいとしたアレソレを繰り返してR1をアップデートしていきたい所存です。いつかはバイク用のハロゲンランプを迷わずポンと買えるくらいのお金持ちになりたいなぁ。