読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆もやしのメソッド

アイマスとアイカツ、時々クルマとバイクのよくわからないブログ

AIKATSU☆STARS!1stワンマンライブの感想と、アイカツ!ライブのいい所

このたびわたくしAIKATSU☆STARS!の1stワンマンライブに行ってまいりました。(さくらちゃん感)

 

いちおうレポート?みたいな体裁をとっておりますけどはっきりと言ってしまえばアイカツ!で楽しくない曲があるわけないんですよ。

だってたかだか5歳とか6歳の女の子がわーっつっていちごちゃんのリボン型カチューシャを頭に着けて完璧に振りコピしてるんですよ?僕はその光景を横浜のJOYFUL DANCE発売記念ミニライブでこの目で見ましたから。そんな曲聴かされて20・30のオッサンが盛り上がらないわけないじゃないですか。ね?そういうことです。ライブ、最高でした。

約束カラット、ロンリー・グラヴィティを早速フルでブチ込んできたのに驚きでしたし、っていうかほとんどの曲がフル歌唱でしたし!自分はショートとはいえSweet Heart RestaurantとPassion flowerとタルト・タタンとLOVE GAMEとハローニューワールドと恋するみたいなキャラメリゼとlucky train!が聴けたのでホント大満足でした。コレ以外にも好きな曲がたくさんあったので破壊的に楽しかった。ていうかLOVE GAMEかっこ良すぎませんでした??振り付けはアニメ・ゲーム通りでアレだし、ホントすみれちゃんのイェイイェイイェイですわ~~~~もなさんすごい~~あぁ…はやくWonderful Tourがほしい~~~(妖怪人間ベムの顔)

 

 

曲について

アイカツ!曲のいい所は、キャッチーで明るく思わず体が動き出してしまうお歌がたくさんある一方で、いい意味で「これ、アイカツか?」と思わされるほどまったく女児先輩向けでないような、”真夜中のスカイハイ”のような流麗な曲、”永遠の灯”のような重厚な曲、あるいは”kira・pata・shining”や”魅惑なパーティー”といったちょっと引く曲もふんだんにねじ込まれている所です。今回のライブで言うと”LOVE GAME””タルト・タタン”あたりの曲ですね。女児先輩に歌詞の意味がわかるのか…?

とにかく、あらゆるジャンルに手を出していくアイカツ!の楽曲作りの姿勢というか、バラエティ豊かで女児先輩も大人も飽きさせないバランス感覚は本当に感服します。ふと聴いたオトナモードからアイカツ!の世界に踏み込んだ自分からするとアイカツ!を知らない人こそ一回ひと通り曲を聞けば絶対ハマると思います。

みんな木曜18時半にテレビ東京にチャンネルを合わせたらステージシーンだけでもひと目観て曲を聴くといいです。2分で幸せになれますよ。

それから金曜日にTSUTAYAにママチャリで行ってアイカツ!の魅力がぎっちり詰まったアルバムを借りればいいのです。ちなみにベストアルバムは二種発売されております。みんな聴こうね。

 

中の人について

ひょっとしたら「いや、曲は好きだけどライブまではなぁ…。だって声優さんが歌ってるわけじゃないんでしょ?」と思う方もおられるかもしれません。

そうです、声優と歌唱担当でキャラクターの中の人が異なっているのがアイカツ!の大きな特徴となっているわけです。しかし全く不安に思うことはありません、STAR☆ANIS(いちごちゃん世代担当)もAIKATSU☆STARS!(あかりちゃん世代担当)の人もみなさん可愛いらしゅうてございますし歌もダンスも素晴らしいです。

今回のAIKATSU☆STARS!でも、るかさんは元気で笑顔が絶えないし、もなさんは歌声のノビが半端ないし、みきさんはスマイルパウダーだし、みほさんはVoDaVi属性兼任の完璧超人だし、ななせさんは力強いヴォイスの自称美少女(実際可愛い)だし、かなさんはいい意味でまどかちゃんの歌唱担当とは思えないほど安定しているしで、みなさんパフォーマンスの実力は申し分なく、アニメ関係のライブというよりは普通にアイドルのステージを見に行く感覚の方が近いかもですね。そのくらい歌にもダンスにも力が入っています。おヘソ出しのセニョリータシェヘラコーデでキレッキレに踊るみほさん最高でしたから…。

あと、観て聴いているだけでも楽しいので(自分が言うのも失礼ですが)最初は無理に演者さんと担当キャラの名前と組み合わせを覚える必要はないと思います。案外そこがハードルになっている人もいるのかもですが、おいおい知っていけば自然と覚えますので大丈夫です。大切なのは知識ではなくハートですよ、フフッヒ!

 

ライブの雰囲気について

「ライブは興味あるけど、アイカツおじさん怖くない?」…なるほど、わかります。自分も初のアイカツ!ライブでスタアニNHKホール公演に行ったとき、開演前にいちごちゃんコスで木にしがみついて「アイ!カツ!アイ!カツ!」と叫んでいるおじさんを目撃した時は「間違えた」と思いました。でもライブが始まるといい感じにアツく盛り上がれる雰囲気だと感じます。

夜公演(アイカツおじさんおばさん向け)の雰囲気を箇条書きでまとめると、

・男女比は6:4から7:3で一般的なアニメイベントと比較すると女性がかなり多いといった印象。

・年齢層は20代前半から白髪が混じるまでと幅広い。中高生レベルはほとんど見かけない。

・クラップ →もともと曲中にクラップ(手拍子)が入る曲には普通に入るが、それ以外にもリズムに合わせて入ることが多い。[前者の例としてPassion flowerのAメロの入り、後者の例としてDuDuWa略の「手のなる方へ~」、ダイヤモンドハッピーの「昨日の敵さえ~」]

・ジャージャー →ごくごく一部。他の客がノらないため、だいたいの場合途中で力なく消えていく。

・やたら垂直ジャンプする人 →たまにいる。だいたい徒手空拳の人。

・やたら眩しい人 →稀。以前UOを熊手状にして振っている人を見かけたがすぐにスタッフが飛んでいった。

・奇声 →ギョエーー!!とかママァーー!!とかの意味の分からない頭悪い感じのは無い。松岡ァー!はあった。

・フリの大きいヲタ芸 →皆無。

だいたいこんな感じですね。

基本的にコールは追っかけ系で簡単だし、そうでないものでも一回聴けば入れられるもの(これは恋!?とか愛と情熱ゥ!とか)ばかりで楽しいですよ。他作品の楽曲のコールほど難易度は高くないです。Happy Darling、オマエのことだよ!

私的な意見ですが、自分は幅広くアニメ系のライブに行っているわけではないものの、盛り上がるときは盛り上がって締めるときは締める、メリハリのあるアイカツ!のライブの雰囲気が一番気に入っています。厄介系の人が苦手な方には特におすすめしたいです。自分が行った中ではプリ○ラとあ○みんのライブがキツかったかな…動物園って感じで…。

とにかく、会場は大人も子供もおねーさんもみんなで盛り上がって楽しめる、アツくて素晴らしい雰囲気です。3月には東京ドームシティホールSTAR☆ANISとAIKATSU☆STARS!の合同アイカツ!ライブ、「アイカツ!ミュージックフェスタ」が開催されるのでひと公演でも足を運んでみてはいかがでしょうか!絶対にアイカツ!をもっともっと好きになると思います!もし好きにならなかったら木の下に埋めて貰っても構わないです!(ババーン)

 

f:id:kabukiagep:20151212192002j:plain

ありがとう中野サンプラザ

このとき隣に座ってたジョニー先生のコスプレをばっちりキメてたお兄さんも撮らせてもらえば良かったです。