豆もやしのメソッド

アイマスとアイカツ、時々クルマとバイクのよくわからないブログ

YZF-R1 ブレーキ・クラッチレバーを交換した

f:id:kabukiagep:20190611000141j:plain

諸事情ありましてぐんにゃりと曲がってしまったブレーキレバーを交換しました。交換したのはAmazonで¥3,100くらいで入手可能な安価で怪しいレバーセットです。

 

 

f:id:kabukiagep:20190611001241j:plain

f:id:kabukiagep:20190611001256j:plain

f:id:kabukiagep:20190611001312j:plain

中国からChina Postで発送されて一週間程で到着、さっそく装着の図。レバーとアジャスターの配色の組み合わせは赤やら青やら豊富で、自分はシックな "Gray Lever with Black Adjuster" を選びました。純正からはややショートになったかな。

で、大抵こういう商品は取り付けに難アリというのが定石ですが、まぁ~普通に装着できました。予想外に質感も良さげで、アジャスターもスムースに動作します。やや難点を挙げるとすると、上下に少しガタが出る点とレバーの外部から見えない摺動部にサビが浮いていた点程度で、実用には全く問題は無さそうです。FXCNC Racing とやら、なかなか悪くないです。これ以上のクオリティを求めるとやはりブレーキ&クラッチレバーのセットで¥8,000~のコースに突入してしまうのではないでしょうか。

 

f:id:kabukiagep:20190611002331j:plain

f:id:kabukiagep:20190611002349j:plain

f:id:kabukiagep:20190611003015j:plain

ついでにクラッチ側も載せておきます。う~ん、高級感が良いですね。合格です。