豆もやしのメソッド

アイマスとアイカツ、時々クルマとバイクのよくわからないブログ

BMW Z3 スクリーンモールを補修した

f:id:kabukiagep:20190816155234j:plain

f:id:kabukiagep:20190816155250j:plain

◆千切れとるやないか

ふと気付いたらスクリーンのフチをシールしているモールのゴムが経年劣化でカチカチに硬化して無残にも千切れて飛び出しています。幸いスクリーンと幌同士はそこそこ強力に縫われている様なので、このモールが外れているからと言ってすぐに水が侵入する訳では無いと思いますが、万が一という事もありますし何より見た目がスマートではないので、「ひらめき・節約・妥協」が三原則のDIY精神で補修することにしました。

 

f:id:kabukiagep:20190816161833j:plain

◆レッツ作業

まずは材料を揃えます。

とりあえずパワーコメリで幌の端に挟み込む縁ゴムを適当に2.5mぶん購入しました。サイズも長さも全くの勘ですがDIYなのでむしろアリです。ちなみに2.5mで995円でした。

 

f:id:kabukiagep:20190816163628j:plain

縁ゴムとスクリーンの接着には両面テープを細くカットして使うことにします。これはたまたま持っていたヤツ。防水なので多分問題無いでしょう。

 

f:id:kabukiagep:20190816164316j:plain

ビニールもゴムも接着できないようですが何とかなるでしょう。これぞDIY精神の鑑です。

 

f:id:kabukiagep:20190816164538j:plain

さっそく千切れていた箇所(赤枠)を外して補修してみました。縁ゴムは特に採寸せずに勘で買いましたがサイズがピッタリで完全勝利です。同様の方法で補修をする考えのある方は3つ4つ前の写真中にある縁ゴムの寸法を参考にしてみて下さい。

 

f:id:kabukiagep:20190816164547j:plain

近くでよく見るといかにも雑な感じですが気にしたら負けなのです。という訳で補修完了。

外れないまでも亀裂が入っている他のモールもいずれ交換することにします。