豆もやしのメソッド

アイマスとアイカツ、時々クルマとバイクの独りよがりなブログ

リード110EX オイル・ギアオイル交換、ストレーナ清掃を実施した

f:id:kabukiagep:20200430122845j:plain

f:id:kabukiagep:20200430122528j:plain

前回のオイル交換からは約1,700kmを走行した。個人的にはもう少し延ばしても良さそうだと思うが、これから暑くなり一気にエンジンへの負担が増しそうなのでこのタイミングでのオイル交換となった。また、累積走行距離も15,000kmを越えたため、車両を購入してから一度も診ていないストレーナとギアオイル(スクーターではファイナルリダクションオイルと呼ぶらしい)も清掃・交換しておく。

オイルを抜いている間にストレーナへアクセスする。フィラーキャップとは反対側、写真の赤マルのフタを17mmのソケットレンチで緩めるとストレーナとスプリングを引き外せるので、パパっと清掃して元に組み付ける。ストレーナには全くゴミが付着していなかった。元々こういうゴミの排出が少ないエンジンなのか、前のオーナーのマメなメンテナンスの結果なのかはイマイチ見当が付かないが、まぁ問題無いので放って置く。とりあえずオイル交換3回に1回くらいは清掃しておくのが良いかもしれない。

f:id:kabukiagep:20200430123904j:plain

ギアオイル(ファイナルリダクションオイル)はオレンジ色マルのボルトから排出して赤マルのボルトから注入する。通常のジョウゴでは注入できないのでホームセンターで売っている¥250程の小さめのオイラーを購入した。よく分からないがエンジンオイルと同じ物で良いっぽいので、ホンダのウルトラG1 10W-30 を120mlぶん入れておいた。たかだか120mlぽっちでよくギアの潤滑が出来るなぁと思う。

f:id:kabukiagep:20200430122618j:plain

あとは少しエンジンを掛けておいて時たま回転を上げたりして、各ドレンボルトからオイル漏れが無いか確認して終わり。特に体感できるような違いは無いけど気分は良いっすね。