豆もやしのメソッド

アイマスとアイカツ、時々クルマとバイクの独りよがりなブログ

BMW Z3 ハイマウントストップランプを交換した

アンテナグロメットを交換してふと思い出したのだが、そういえばハイマウントストップランプも購入時から割れていて、同様にトランク内への雨水侵入の原因になるらしい。という訳でいい機会なのでこちらも修理する。

ただ、修理すると言っても、日本語サイトはおろか海外のフォーラムを参照してもハイマウントストップランプの交換事例は前期型しか見つからない。Z3は前期と後期でパーツ形状やトランク内側の状態も異なっているので、つまり…完全にカンで作業するしかないという訳だ。ま、何となくやってみる(無茶な素人が好む合言葉)。

f:id:kabukiagep:20200528234853j:plain

とりあえずヤフオクを漁って偶然出品されていた中古パーツをゲットした。送料別¥2,000也。当初は割れているレンズだけ替えれば良いのかな?と思ってたけど、ユニット丸ごと交換した方が楽そうな形状をしているので、天啓とばかりにユニット交換とすることにした。同じ外装色のパーツを選んで大正解だった。ちなみにトリビアだが後期型の中でも2.0と2.2iはレンズ色が赤、それ以上の大排気量モデルになるとレンズ色は白になるらしい。今回入手したのは2.2iに付いていた部品とのこと。

f:id:kabukiagep:20200528235912j:plain

トランクの内側の図。赤丸3箇所のメクラを外すとハイマウントのユニットを裏で留めているナット3箇所に、青丸のメクラを外せば電源用のコネクタにアクセス出来る。それぞれの計4箇所を外せばストップランプを取り外す事が出来るが、トランクを垂直に開けて作業をしていると当然ストップランプがボディへ落下する事になるため、作業前には予めストップランプとボディをマスキングテープか何かで軽く留めておいた方が良いかもしれない。

また、ナットを外す際にはうっかりするとトランクパネル内側に落ちて救出困難になるので十分に注意されたし。ちなみに自分は当然の様にやってしまいました、テヘ(ドジっ娘)。幸いにもナットが代用の効くパーツなので何とかなったが、いくらトランクを上下に振っても落ちたナットは出てこないし内部で接触する金属音すら聞こえないのでZ3のトランクパネルは異次元空間に繋がっていると見てまず間違い無さそうである。

f:id:kabukiagep:20200529001225j:plain

そういえば青丸のコネクタ(上画像)は外し方が分からず少し手間取った。上手く説明出来ないが、ロック用の突起に対して小さいヘコミがあるので、マイナスの精密ドライバーをそのヘコミに差してテコの原理でグイッとすれば外せる。はず。

あとは外したのと逆の順に新しいパーツを取り付けていく。

f:id:kabukiagep:20200529001555j:plain

そんな感じで交換出来ました。良かった。そういえば前の割れていたストップランプ時代はブレーキを踏んでも光らなくて、これはそういうパーツ(ただのリフレクター)なんかな、とずっと思ってたけど、いやまぁ光って当然だよな。