読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆もやしのメソッド

アイマスとアイカツ、時々クルマとバイクのよくわからないブログ

ミリオンライブ3rdツアー仙台公演のちょっとした感想

im@s

前回の流れで、今度はミリオン3rd仙台公演の雑な感想を書きました。今回もLV参加です。

重ねて述べますが、自分はライブはキャラと中の人のコネクションをそこまで重視しないで観るタイプですので、演者さんとキャラの関連についてはあまり言えないマンですので…。壇上の声優さんにそのままキャラクターを重ねるのは自分にとって容易ではないのであります。
というわけで声優さんの踊りとか表情とか見た目の話ばかりで、すみません。


【楽曲】
ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン…ゆいトンの体がリズムに合わせて勝手に動いている感がみてとれました。踊っているというよりももっと自然な動きというか、レッツゴーレッツダンス!を身体と表情で体現しているというか。SSAや1stから引き継いでてきた奈緒の看板曲だけあって、前回名古屋の流星群の感想にも同じく書いたように3rdではこれまでで一番のパフォーマンスを見せてくれていたと思います
グッデイ・サンシャイン!…育ちゃんのイメージが頭に浮かんで曲中はずっと幸せでした。ドアを開けてさあ いってきます!でダンサーさん二人とばいばーい、と手を振って別れる仕草をしていたのが不意に可愛らしかったです。妙に人気のあるアニマル☆ステイション!は改装中だったんでしょうね、たぶん。いつかのリニューアルオープンに期待です。ちなみに僕がアニマル☆ステイション!をLTHのリリイベで聴いた時はさながら地獄の動物園の様相と化していました。曲中は会場のあちらこちらでパオーンやらメェメェやらの鳴き声が聞こえてくるし、Pはおかあさん(今考えると意味不明)らしいしで、いい意味で阿鼻叫喚でした。皆さんも今度入園しましょう、動物として。
little trip around the world…エミリーの相棒が星梨花という個人的には予想外の組み合わせでした。 いいとこのお嬢様だしイメージカラーがピンクだしで、コンテンツ的に伊織の系譜を継いでいるのは案外星梨花ちゃんなのかも、と感じます。その可能性に気付いただけでも自分にとってはわりと大きな収穫でした
G♥F…little trip~と同様にデュエットのもう一人が誰になるのか気になるソングのこの曲、可憐さんのパートナーに育ちゃんを置くというのがなかなかうまい指し手だと思いましたね。将棋で言うと香成みたいな(?)。原嶋さんのへいぼーい・わっつごいんのーん がたどたどしくてGoodでした。今回の3rdツアーは単に「何の曲が」歌われるかというだけでなく、「どのキャラが、何の曲を」歌うのか、という点においても重要な楽しみポインツになりそうです
DREAMアイマス的には古めだけど有名ではなく、かといって今まで披露されなかったわけでもなく、微妙な立ち位置といえば否定出来ないものの魂を揺さぶる名曲として根強い支持を得るDREAMをカバーさせるという判断が非常に好きです。カバー曲を本気で考えているというか。そのうえエミリーちゃんと可憐さんとかいう震度4の地震くらいで泣きそうなコンビがこういう強めの曲を歌うっていうのがまた良いですね。それでもステージ上ではすごく堂々とした歌唱で、なにか色々、輪をかけて、素晴らしかったです…語彙が乏しい…
いっぱいいっぱい…原嶋さんとりえしょんがメガネを掛けました。歌われるとすれば郁原さんかシンデレラの上条春菜ちゃんかなぁと思っていましたがわりと変な方向からメガネが飛んできましたね。現地もLV会場も緑一色で染まっていたのがマスゲーム然としていてやはり面白いです
バレンタイン…ミリオンの演者さんでコールする日が来るとは思いませんでした。時代はどんどん進んでいきますね、ちょっと寂寞の思いが芽生えました…自分の中では5thのアッキー!とあさぽん!がデフォなんですよね。まぁゆいトンともちょが可愛かったので全然ウェルカムなんですけども
Vault That Borderline!…スタイルの良い天さんとみっくのキメポーズが石膏にして玄関に飾っておきたいぐらい美しいです。しかしだからといって原嶋さんのVTBポーズも嫌いじゃなくてむしろ好きですよ。あっでもどうせ歌うのなら、いま 熱く 薫る 光が~♪以降も歌って欲しかったですね、お二人の声質にとてもマッチしていると思ったので。いつかまたカバーしてほしいものです
夜に輝く星座のように昭和歌謡を思わせる一曲。普段おバカな奈緒とありしゃ二人のキャラクターの選抜と、ゆいとん・りえしょんによるデュエットの奥行きが絶妙です。ステージではゆいトンは余裕を見せながら、一方でりえしょんは真剣な表情を崩さずにどちらも切なさ満点に歌いきり、ラブゲーム的な歌詞も相まってますます曲の世界観を好きになりました。亜利沙は案外女優としてのポテンシャルも秘めているからいいですよね、亜利沙に限らずそういった隠れた魅力にスポットライトを当てた曲なり展開なりがもっと欲しいところです
ライアー・ルージュSSAや1stの頃はアップテンポながらもシリアスな曲ということもあり天さんもかなり固めなお顔で歌っていらした印象ですが、2ndでは時折ニヤリと頬を緩めはじめ、今回は全体を通して柔らかい笑みをたたえながら歌いきっていたのがとても意外でしたし、同時にレベルを高めてきたな~と感じました。ライアー・ルージュと笑顔の組み合わせはミスマッチに思うかもしれませんが、誰よりも"志保さん"の胸中を考え表現しようとしているのが雨宮天さんな訳で、そのひとつの回答として今回3rdライブ仙台ではライアー・ルージュに笑顔を重ねたのかな、と…うまく文字にできませんが…。なんだかよくわからなくなってきましたが、志保がノリノリな笑顔で歌っていたら嬉しいし、なにより天さんが可愛かったので、ハイ(放棄)
piece of cakeMachicoと天さんが優しい微笑みを浮かべながら歌っていたのが印象に残りました。翼と志保だったらどんな風に歌うのかは分かりませんが、声優さんが歌う姿にキャラクターの幅の広がりを感じるのはこういったライブならではの楽しみですね。オリジナルの平山さん×天さんバージョンではまた違った雰囲気を醸し出すのではないかと期待しています
空想文学少女…曲中のどこかのみっくのウインクに効果音がついているように感じました。あまり思い出すと恋に落ちるのでやめます


【演者さん個別】
ゆんこんさん…2nd以降かっこいい系の曲を歌わせてもらう機会を頂いて~と仰っておられたように、今後も幅広いテイストの曲を歌っていってもらいたいですし、ゆんこんさんも可憐さんもそれに対応するポテンシャルを備えていると感じます。これからも生きて…
原嶋さん…LTHのイベントでも思いましたが小さくてパワフルです。ダイソンのコードレスクリーナーみたい。みんなの妹だけど内心もちょだけは妹だと思っているのには笑います
郁原さん…1stライブではソロ曲の最後でぐずぐずになっていた姿を思い出して"君だけの欠片"の時はハラハラしましたが優しい表情で歌いきりました。 ご立派です。七色発光電飾棒、振らせて頂きました。前もって調べた松島の知識があやふやだったことには思わず苦笑です
天さん…前述したとおりライアー・ルージュとpiece of cakeの余裕をたたえたスマイルが素敵でした。SSAからじわりじわりとキャラクターの心情表現を工夫していって持ち曲の完成度をどんどん詰めていっているのがいち観客として分かりますし、これからのステージがますます楽しみに思います。それともちょを一回「もち」と呼んだのがトラハモを感じざるには得られませんでした。仲が良い女の子たちってすてき。そういう和やかな雰囲気でライブが出来てるということなんでしょうねぇ
もちょ…ナンスの牛タンシチューを聞いて、はーーーーーと鳴いていたのがとても面白かったです。ナポリタンに気を取られてる場合じゃないでしょ…。最後のあいさつの「みなさんの応援…応援を…応援…で…ありがとうございましたー!!」もグズグズでしたけど、もちょですからね、仕方がないです
ナンス…8thあたりから見るとすっっごい良くなってますよね。歌っている時の緊張が和らげばもっと魅力的なステージになりそうで、これからが本当に楽しみです。毎回ながらトークタイムでは最年少なのによくメンバーをまとめていて人望の厚さが伺えます
Machico…恋のlesson初級編のラスサビの「トキメキはキミと、でしょ?」の「でしょ?」が「でしょーーっ!?」となっていたのが元気でよろしかったですね。名古屋公演の感想と同じく、毎回安定してどんな曲でもしっかり歌って踊ってくれるので何も言うことがなくなってしまうのです。おへそ。
りえしょん…いつもたいへん楽しそうでなによりです。かと言ってポップな曲だけかと思いきや"夜に輝く星座のように"のように真面目な曲も難なくこなせるのでりえしょんは侮れませんね。終盤でうまく言葉が出て来ず、りえしょんみたくなっちゃった、と発言したみっくとそれはヤバい、と笑うメンバー達に「やばいってなんだよーー!!りえしょんはやばくないぞーー!!」と騒いでいたのがしこたま可愛かったです
ゆいトン…2nd以上に元気に楽しそうにリラックスして踊られていたのがきわめて印象的でした。ただでさえ腕と脚が長く恐ろしくスタイルに恵まれたゆいトンからぎこちなさを完全に取りはらうとこれから一体どうなってしまうのでしょうか…今後が怖すぎます。ちなみに"バレンタイン"中のメインモニターに表示された「㌧」は本人の指定によるものだったそうです。さすが従姉妹のお姉さんポジションのお方は違いますね
みっく …直視できません。なんかもう可愛いですよね、歌も踊りも澱みないですし、いわゆるアイドルに最も近い存在だなと毎回思わされます。アップでお顔が映された際に、左目の下にほくろがあったんだ…かわいいな…とふと見入っている自分に気付いた時、みっくのキルゾーンに踏み込んでしまった心持ちがして思わずモニターから目を逸らしました。みっくとは直接関係はありませんがこれからもアイマスですよ!をこれ私が言うのー?と仰っていたのに、それくらいアイドルマスター全体の責任・重圧と歴史がのしかかるポジションなんだなぁ…とハッとしました。いつの間にか伝説の呪文みたいな扱いになってしまっているんですねぇ…


【その他】
・LVでは協賛企業のロゴの黒色部分が変に透過されたり一部のサイズがおかしくなっていたり小鳥さんが二重に重なっていたりと技術的な問題が発生していたようです。その代わり演者さん挨拶のキャラクター画像の透過は直っていました
・LV(日本橋)でもコール本を頂きました。ありがとうございました

 

【総評】
他の公演ほど楽しみにはしていないつもりでしたが終わってみればとても内容の濃い楽しいライブでした。振り返って考えると、仙台公演をひとことで表すなら「笑顔のライブ」であったように感じます。天さんがライアー・ルージュを明るい表情で歌ったことやshiny smileのカバーに代表されるように、セットリストやMCコーナーのそこかしこに笑顔が散りばめられていたなぁ…と思いました。
明朗快活なMachicoさんやゆいトン、原嶋さんはともかくとして、ゆんこんさんはこみ上げる想いを一筋の涙でこらえ、1stライブでは途中で号泣してしまった郁原さんもすっきりと優しい表情を浮かべたまま歌いきったことは本当にご立派でした。最後の挨拶でおいおいと涙を流す方がいなかったのも決してステージに立った感動が薄かったためでなく、それ以上に明るい雰囲気でのびのびと歌を披露できた満足感が上回ったためではないかと感じさせられました。こういう部分からどんどんミリオンライブらしさを育ててきてもらいたいと思います。
また、1公演につき5曲ペースではありますがカバー曲への本気度も実に高いことが名古屋・仙台公演で伺い知れました。アケマスからこれまでの765曲全てが対象ですし、カバー予想なんて全く意味をなさないですね…誰が何を歌うかは当日のお楽しみということで。個人的にはどの公演でも構わないのでコーヒー一杯のイマージュを歌ってもらいたい所存です。できれば仲良しでいようね♥がいいのですがアレはフロンティアワークスなので極めて難しそうですね…。
さて次の大阪公演2daysでは3rdライブ初の信号機勢揃いに加えてあいみん・ゆきよさん・ゆいトン・うえしゃま・りえしょんら豪華メンツの揃い踏みですし、2nd以降のステージが楽しみな方々やナンバリングライブ初出演の角元さん・野村さん・小笠原さんもいらっしゃって、カバー曲だけでなくて他の曲も何も予想がつかずどうなっちゃうの~~って感じです。名古屋・仙台を受けて期待しかありません。僕は生き延びることができるか。(赤い彗星の声)